お墓のQ&A

お墓についての悩み事やわからない事がある場合は、お墓に関するQ&A(よくある質問)や用語集をご覧ください。

用語集

用語永代使用料・永代使用権
墓地を購入するときに出てくる言葉です。「墓地代」とも言うところもあります。
永代使用料を払って永代使用権(永代使用許可書)を取得します。
永代使用料とはお墓となる土地を使用する権利を得るための費用です。
一般によく言われる「土地を買う」のではなく、墓地の経営主体(霊園・寺院・公営墓地等)の永代使用権を取得する契約を結ぶことです。
不動産とは違って、所有するわけではなく売買はできません。改葬などにより管理側に権利を返還しても永代使用料は返金されませんし、永代使用権を転貸し、転売することもできません。
用語永代供養墓
永代供養墓とは、お墓の承継者がいなくても、寺院や霊園が永代にわたる供養・管理を約束してくれるお墓のことで、生前に申込ができます。広い納骨室に共同で骨壷を安置して使用する合葬式や、最初から遺骨を骨壷から出して土に還す合祀式や、一部を容器に入れて納め、残りを合祀する分骨式などがあります。
用語寿陵(じゅりょう)
生前にお墓を建てることを寿陵墓と云います。寿陵はもともと、長寿を願う風習で、おめでたいもの。現在は、子供達に負担をかけたくないなどの理由から、生前に自分のお墓を建てる人が多くなっています。縁起の良い大変おめでたいお墓なのです。
用語改葬(かいそう)
遠くにあるお墓をいま住んでいる家の近くに持ってきたい場合、お墓の引越しを行うことができます。
お墓のお引越しは、埋葬した遺骨を他のお墓に移すことになります。これを「改葬」といい、所定の手続きが必要となります。
用語開眼供養(かいげんくよう)
新墓石に魂を入れるのが開眼法要です。檀那寺か寺院に依頼して営みます。
お供え物は、塩洗米一握り程度、と海の幸(昆布、わかめ、ひじき等の海草類)山の幸(高野豆腐、しいたけ、栗、山の芋等)、里の幸(かんぴょう、ゆば、野菜、果実、菓子類)。お供え物は各地方で多少異なります。
開眼法要、納骨法要の手順は開眼納骨の手引きに詳しく書いていますので参考にして下さい。
用語公営墓地(市営墓地)
都道府県や市町村自治体が管理・運営する墓地。
特徴
* 経営母体が他墓地より確実
* 使用料や管理料が安価
* 宗旨・宗派を問わない
用語寺院墓地
お寺の敷地内にあり、その寺院が所有・管理しています。
特徴
* 立地条件がよい
* 葬儀や法要に便利
* 同じ宗旨宗派であることが多い
* お布施や寄付などを求める所もある
用語公園墓地(民営墓地)
経営主体が公益法人の墓地や、寺院境内外に宗教法人が経営している墓地のこと。
* 数が多く選択肢に幅がある
* お墓のデザインなどの自由
* 宗旨・宗派を問わない
ページ先頭へ戻る